ガン治療情報!抗ガン漢方薬「天仙液」。資料と試供品を贈呈中
日本で唯一の公式webサイトであり、天仙液の正しい情報をお伝えするガン情報110番です。相談スタッフが適切に応対しております。お気軽にお問合せ、資料請求ください。試供品を贈呈中です。


ガンから完全に解放され、平穏な生活を取り戻す方法とは?



もし今、あなたやあなたの周りの方が、ガンと闘っておられる場合には、必ず続きを読み進めて下さい。

■がんと宣告を受け、どうしていいかわからなかった。
■自分で判断できないので医師に頼るしかないが・・・
■抗がん剤の副作用が強く、もう耐えられない。
■抗癌治療に耐えてきたのに、医師にも見放されてしまった。
■支えてくれている家族を見ていると色々な葛藤が・・・
■治療費が高すぎて、これ以上家族に負担を掛けたくない・・・

がん患者は、「病気の苦しみ」以外にも「心の痛み」と闘っておられます。しかし今、この苦しみと痛みから完全に解放され、もとの平穏な生活を取り戻した人が続出している方法があることを、あなたはご存知でしょうか。
今なら「医師から見放された65人の末期ガン患者の内、51人の患者が奇跡の生還を果たしたという事実」を無料進呈中。「生かす自分力」

まずはこの体験談をご覧ください。

●子宮がん 兵庫県
知人のお母さんは子宮ガンで体中に転移して、もう医者から見離されていたのに、この方法で数ヵ月後にがんが完全に消えてしまいました。西宮に住む72歳の女性で、日本でがんになり手遅れと言われて、米国で抗がん治療を受けていましたが、それもあと2年ぐらいしか延命できないと言われていました。

今ではとても元気で私たちのためにおでんを作ってご馳走してくれました。そんな姿を見ていると数ヶ月前まで末期がん患者だったとは、想像もできませんでしたが、抗がん剤の使用で髪が抜けて、前歯も抜けて年取ったガリガリのお坊さんのような写真を見せられて、あまりの壮絶さに絶句してしまいました。

医師も彼女の体内に転移していたがんがどこを調べても消えてしまった事実に絶句してしまったそうです。

●肝臓がん 兵庫県
十二指腸がんを手術で切り取ったあと、肝臓に転移しているのがわかりましたが、すでに相当進行していて6ヶ月の命と宣告されました。しかし6月29日からこの方法をはじめ、10日後の血液検査の結果には何も異常値が認められず、すべて正常値になっていました。

●骨髄がん 神奈川県
40代の女性で骨髄がんで末期でした。家族の人には医者からあと数ヶ月の命と言われていました。貧血がひどいので輸血が繰り返されていましたが、1回輸血する毎に5万円掛かるような状態でした。この方法を始めて1ヶ月ほどたつと血液の状態が改善し輸血の必要がなくなりました。また高血糖も改善されインスリンも打つ必要がなくなりました。

●悪性リンパ腫 鹿児島県
2年前、白血球が1000にまで下がり、悪性リンパ腫が首の辺りに3つあるのがわかりました。抗がん剤治療を受けましたが改善されずに最近まで経過していました。この方法を始めると数日して白血球の数値は4000にまで上がり、その後すべての悪性リンパ腫がなくなっているのが確認されました。腫瘍マーカーも0になりました。

通常は、がん治療には数百万円という莫大な費用が掛かります。しかし抗がん剤が本当に効くのは、全体のたった1割。

この現実を踏まえ、患者自身がこの費用のことを考え、家族への負担を掛けたくないという理由で手術を行なわないという選択をする方もおられます。正直、これほど悲しいことはありません。

今お話している方法なら、たった数万円でがんを克服したという方も大勢おられるというのに。

もちろんこの方法が、すべての人に合うとは言えませんが、医師から見放された65人の末期ガン患者の内、51人(78%)の患者が奇跡の生還を果たしたという事実や、さまざまな体験談を見ても、この現実は決して無視できません。

しかし、この方法に出会うことができた人は、すべてのがん患者の中でほんの一握り。もし、もっと早く出会うことができていれば・・・

こんな思いをする人が少しでも減ることを祈り、今回このような手紙を書きました。
今なら「医師から見放された65人の末期ガン患者の内、51人の患者が奇跡の生還を果たしたという事実」を無料進呈中。「生かす自分力」

この手紙が、あなたやあなたのご家族、そしてあなたが出会うすべての方の、ささやかな力となれることを心からお祈り致します。

ガンをつくる心 治す心 土橋 重隆

ガンをつくる心 治す心ガンをつくる心 治す心
土橋 重隆
主婦と生活社 刊

すべては心が原因です。本書では、実際のガン患者のデータから、「どの様な人がガンにかかるのか」と、「どう言った人が、どのガンにかかるのか」を解説しています。

衝撃的なのは、性格や考え方、その人の人生の過ごし方によって、「ガンになる部位が異なる」ということでした。つまり人間の臓器は、選択的にガンにかかっている(誘発している)ということです。ということは、生き方を変えることでガンにかからない人生を歩むこともできる、ということです。

医学的にガンをどう克服するかという以前に、なぜガンにかかってしまうのか、を研究することは大いに意義のあることで、本書がそのきっかけになってくれればと感じました。
さらに詳しい情報はコチラ≫

がんを治す食事療法レシピ―代替食事療法と現代栄養学が1冊に 帯津 良一 /上野 圭一

がんを治す食事療法レシピ―代替食事療法と現代栄養学が1冊にがんを治す食事療法レシピ―代替食事療法と現代栄養学が1冊に
帯津 良一 /上野 圭一
法研 刊

自分でできることがある
がんの告知以来、手術、抗ガン剤というおきまりのコースをたどりました。告知以来、自分でできることは何もないのだという気持ちがぬぐえず、将来に希望を持って、前向きな気持ちで生きていくことが、生存率を高めると言われても、できない自分、そんな自分に落ち込んでいました。
焦りの中で、何かできることはないのかと、いろんな本を読みあさり、食事療法にめぐりあいました。この本は、いろんな種類の食事療法について書いてあるので、自分ができそうなのを選んで試してみることができます。具体的なメニューがあるので、今までの自分の食生活を見直すのにとてもいいです。実際体調もよくなった気がしています。
さらに詳しい情報はコチラ≫

ガンは自分で治せる―ガンで死ぬ人、ガンが治る人の違いを医学部教授が解明! 安保 徹

ガンは自分で治せる―ガンで死ぬ人、ガンが治る人の違いを医学部教授が解明!ガンは自分で治せる―ガンで死ぬ人、ガンが治る人の違いを医学部教授が解明!
安保 徹
マキノ出版 刊

抗がん剤を使わなくても、手術をしなくても、ガンは治る!
現代のがん治療への問題指摘は多いが、その理由のひとつに、治療による患者へのダメージが大きすぎるというものがある。抗がん剤にせよ、外科手術にせよ、身体へのダメージは大きい。治療後の生活の質の低下は決して無視できるものではない。そうして患者は、寝たきりになっても延命がいいか、普通の生活を送りながら目前の死を待つのがいいか、という究極の選択を迫られることになるのである。

安保氏は、そのような究極の二択から患者を救う。抗がん剤や外科手術を行うことなく、がんを消滅させることができるというのである。いったいどうやって?それは人間がもともと持っている免疫の力を最大限に回復させることによってである。

安保説のがん退治メカニズムは以下のとおり。
1)交感神経と副交感神経がバランスしているとき免疫力は高く、がん細胞は死滅する。
2)しかしストレスで交感神経優位になると副交感神経が抑制されてリンパ球が減る。
3)がん細胞を殺す役目をもっているリンパ球が働かなくなってガンが進行する。
4)だからガンを治すにはストレスを減らしリンパ球の働きを回復すればよい。

抗がん剤も放射線も手術もストレスを増やすのでダメと安保氏はいう。それよりも、笑いなさい、ストレスを生む生活習慣を変えなさいという。それだけでいいのか?YES。それだけでいいのである。

一見、トンデモない眉唾に聞こえるが、たとえば、慶応の近藤誠医師のガンもどき説や、丸山ワクチン、アガクリスなど、世にあまたある非公認のがん治療法に比べて、理論的背景に相当の説得力がある。免疫療法を施術する医院も全国に広がっているときく。他にも多数、同じ内容の著作が出ているが、安保説をまだ読んでいない方は、一冊は読んでおくべきである。
さらに詳しい情報はコチラ≫

mixi日記から生まれた魔法の呼吸 住吉克明

mixi日記から生まれた魔法の呼吸mixi日記から生まれた魔法の呼吸
住吉克明
新日本文芸協会 刊

ブログmixi、その仲間に励まされ、mixi日記への連載から生まれた一冊。
ガンとうつ病の極限からの自力脱出法!
ガンとうつ病を克服した心の記録。
対人ケアの専門家が、自らの病の淵で編み出した「セルフケア」の極意。
さらに詳しい情報はコチラ≫

がん疼痛治療のレシピ〈2007年版〉 的場 元弘

がん疼痛治療のレシピ〈2007年版〉がん疼痛治療のレシピ〈2007年版〉
的場 元弘
春秋社 刊

がん疼痛に関わる人には必須!
「麻薬」…こんな名称がついている方がおかしいのだと思います。現在は主に「医療用麻薬」と呼びますが、誰にとっても「痛み」はとても重要な問題なのに、がんを罹患されている方に対しての治療は、まだまだ問題が山積している状況です。そんな状況を打破するための1冊がこの本です。医療従事者のみならず、「痛み」にお悩みの方にもお勧めする逸品です。
さらに詳しい情報はコチラ≫
タグ:がん 治療 痛み
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。