ガン治療情報!抗ガン漢方薬「天仙液」。資料と試供品を贈呈中
日本で唯一の公式webサイトであり、天仙液の正しい情報をお伝えするガン情報110番です。相談スタッフが適切に応対しております。お気軽にお問合せ、資料請求ください。試供品を贈呈中です。


余命宣告を受けたガンを自宅で完治させた方法

著者のムラキテルミさんは、実際に肝臓ガンで余命3ヶ月を宣告されながらも、

『お金もかけず』
『手術も受けず』
『入院し続ける事もなく』

肝臓ガンを完治させてしまいました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



そもそもガンは、血液を浄化するための最終装置ともいわれ、人には治癒機能があるからこそ、浄化しきれない血液の汚れをそれ以上広めないために、一部に集めて固めたものが、ガンなのです。

ですから、ガンになるという事は、血液の循環を極端に悪くする要因を重ねてきてしまったという事です。

そして、その原因のほとんどが、『食べ過ぎ』と『冷え』という理由だそうです。どちらも血液の循環を悪くするものです。

という事は、ガンを予防するのも、治すのも、血液の状態をベストにすることが解決策なのです。

余命宣告を受けた著者のムラキさんは、死ぬ前の身辺整理中に、偶然目の前にあらわれた『石原結實(いしはらゆうみ)先生』の書籍をきっかけに、先生の元、ガンの自己治療へと踏み切ります。

石原先生が、最初にムラキさんにかけた言葉は、『大丈夫、治りますよ。』だったそうです。

その後、『治してほしいんです。お願いします。』と懇願するムラキさんに対して、

「なーに言ってるんですか。あなたが作った病気なんですから、あなたが治すんですよ」

という返事をしたとの事です。その顔は、とても明るく気さくだったそうです。

そこから、本格的に自己治癒回復を始めていったのです。そして、約1年間をかけて、がんを完治させました。

ムラキさんが、石原先生より教わったのは、本当にどれもこれも自宅で簡単に行えることばかりでした。

とにかく、『食べ過ぎない』『冷やさない』事がメインです。

この書籍は、ムラキさんが石原先生の指示のもと、自宅でできる最良の対策を施していった過程が詳細に書き記されています。

ガンは自宅で治す

薬も手術も一切行いません。『血液の浄化』に専念しただけです。

癌は自宅で治せます。食べ物に気を使い、体温が上昇する食物を食べて、1℃自分の体温を上げるだけで、免疫力は5〜6倍も高まるのです。

薬は、すでにある症状を抑える事はできても、本当に病気を治すのは自分自身なのです。

ですから、あなた自身の治癒力や、日頃の習慣が変わらなければ、病気はすぐに再発してしまいます。

この書籍は、ある意味、あなたの病気へのイメージやとらえ方を一気に変えるかもしれません。

病気として表に出てくる事は、あなたの体が自己治癒を発揮している証拠です。

それを考えれば、あなたは病気と闘うのではなく、自分の身体を応援してあげるだけでいいのです。

読み終えた後に、ニンジン・リンゴジュースが飲みたくなると思います(^^)

あなたは多分、飲み始めるでしょう!

私の個人的な感想として、純粋にたくさんの方々に読んで頂きたい1冊だなと思っております。詳細はこちらです。

ガンは自宅で治す




末期がんを克服(完治)した奇跡的な成功体験記録

余命3ヶ月、生存確率0%、日本では症例の極めて少ない上咽頭がん【進行ステージ4/末期がん】を完治した成功体験記録が公開されています。ご存知でしょうか?

【この成功体験記録の特徴】

幼少・青年時より、自家中毒・血気胸・肺結核と生死をさまよう重篤な病に度々侵された著者。

しかし、それらを度々克服した経験値により、余命3ヵ月、生存確率0%と宣告された、末期がんをさらに克服(完治)した、奇跡的な成功体験から得た教訓の数々。

著者自身が、幾度の長い入院生活から得た普通の人では気付けない鋭い着眼点と「患者のプロ」という視点・位置付けで語られる内容には、強い説得力があります。

その説得力の高い教えと大切なポイントが、医師の立場からではなく、疾患側からみた究極の対策という視点で、著者自身の思いがメッセージとして込められています。

「現在、がん疾患で悩んでいる人に向けた」がん克服を目指す成功体験記録が、「ノウハウ」として公開されています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



また、過去に著者が出版した、初作:がん闘病記「凛として生きる」の本の帯には、鳩山元総理大臣の署名による推薦状もあります。

今回の、【癌(がん)生還プロセス‐私のやり方ー経験者が語る疾患側からみた究極の対策】
は、成功体験から得た教訓やノウハウ、著者が「がん疾患者に」伝えたい大切なポイントが、解りやすくメッセージとしてまとめられています。

実際に、生死の境目を3度克服した経験があるからこそ使えるフレーズが、下記に示してあります。

●「がん」という最強の敵から挑まれた闘いに勝利するためには?
●高度に発展しつつある西洋医学を有効に利用するためには?

●医療従事者や家族から持ち上げられて「裸の王様」にならないためには?(本当の病名を知らされない)
●医療従事者や家族から疎んじられないためには?
●目的意識を持った闘病生活を送るためには?

●疎外感に悩まされる日々を送らないためには?
●病気治療のプロを巧く利用するためには?
●小さな変化でも見逃さないためには?

●賢い患者になるためには?
●自然治癒能力を最大限に引き出すためには?
●患者として識っておくべき最低限のポイントは?

●真の意味として、「医師と患者」間における、「意志の疎通」を成就させるためには?
●副作用の辛苦に耐えるためには?

※その他、経験したからこそ話せること、強調できることが盛り沢山です。

経験者が語る疾患側からみた究極の対策はこちらです。

奇跡の癌(がん)生還プロセス−私のやり方−

癌(がん)でお悩みの方には、朗報となるに違いありません。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。